倉敷まちづくりネットワーク♪まちネタ♪
♪まちネタ♪=倉敷での「まちづくり」「市民の活動」などのニュース をお届けします。よろしくね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
♪まちネタ♪Blog はじめました。
ついに、念願の?Blogページをつくりました。
これだとみんなでコメントできるから管理も楽そうだしね。
最初のタイトルだけ書き込めば、後はみんな(当事者)が内容記述、追加、補足、してくれるでしょう。
メーリングリストと連動していけばいいんじゃないかなぁ?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「神戸市民からのメッセージ」
2月6日
震災10年 神戸からの発信 「市民のかけ橋 神戸から全国へ」
無事終わりました、神戸からキャラバン隊10名含め約60名の参加でした。

シンポジュームの最後に神戸のキャラバン隊から私たち倉敷市民へのメッセージを紹介いたします

「神戸市民からのメッセージ」

1995年1月17日、午前5時46分。
 いつもと変わらない朝を迎えるはずでした。暗闇の中、とてつもない強い突き上げと横揺れが突然私たちを襲いました。
そして、夜が明けるとともに私たちの目に飛び込んできたのは、現実とは思えないすさまじい光景でした。
 未曾有の大災害である阪神・淡路大震災によって、尊い命、住み慣れた家や職場など、かけがえのない多くのものが奪われました。今もなお、その光景を忘れることができません。
 日本のみなさんや世界のみなさんから届けられたあたたかいご支援は、私たちに生きる希望と勇気を与えてくれました。
 全国から駆けつけて活動してくださったみなさんの熱意、「大丈夫ですか」の一言、炊き出しの味とぬくもりなど、やさしさ、思いやりの大切さを改めて感じました。
「がんばれ神戸」と心配し、応援してくださったみなさん、ありがとうございます。
復興に向けてがんばっている私たちは、これからもずっと感謝の気持ちを忘れません。
 私たちは、震災によって、命、人と人のきずな、地域のつながりの大切さ、災害への備えの必要性など多くのものを学びました。
 この経験や教訓を活かし、みんながともに支えあいながら、災害に強い安全で安心なまち、誰もが健康で暮らせるまち、心が通い合うやさしさと思いやりのあるまちをつくりあげていきます。
 今なお、台風や地震などにより、多くの被害が発生しています。
 私たち神戸市民は、これまでにいただいたご支援に対する感謝の気持ちを込めて、震災の経験や教訓、元気になった神戸のまちを発信します。
 そして、日本のみなさんや世界のみなさんに、これからの災害への備えやまちづくりに役立てていただくことを願います。

震災10年 神戸からの発信 「市民のかけ橋 神戸から全国へ」
2005/02/07
(月) 23:04:14 | URL | ちゅう@中村 #0FtB7ubA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。