倉敷まちづくりネットワーク♪まちネタ♪
♪まちネタ♪=倉敷での「まちづくり」「市民の活動」などのニュース をお届けします。よろしくね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今月の予定
●3月8日(火)19:00~
場所:スタジオ ウノ
月例 世話人会

●3月10日(木)19:00~
場所:くらしき保健福祉プラザ 301号室
出前講座:指定管理者制度について
●3月8日(火)19:00~
場所:スタジオ ウノ
「月例 世話人会」議題
:くらしき市民防災会議報告
(市議会議員へのアンケート、集約とホームページへの公開等)
:GREENDAY2005の取り組み
:倉敷市交通バリアフリー基本構想 検討委員会依頼に関して
:その他

●3月10日(木)19:00~
場所:くらしき保健福祉プラザ 301号室
出前講座:
「指定管理者制度について」

行財政改革推進室より職員3名が講師で指定管理者制度について学習します

倉敷市の行革推進室の指定管理者関連HP


各地の新聞のニュースから(指定管理者制度関連)


指定管理者制度の問題点:視点はいくつもあっていい

    
たとえば基幹公民館などは人件費だけでも年間に1億円近くはかかっているだろうし、維持費となれば数千万円かかっているわけで、これを市民が管理委託すれば、かなり安い費用で管理運営できるはずで、今まで以上に活性化できるだろうし公民館の利活用の範囲が広がるはずだ。地域の安心安全などを本気で考えるなら、市民が夜中も出入りできるような施設が開いているということになれば地域の防犯にも役立つかもしれない。
志のある市民が施設を管理し利活用すれば、今までとは違う地域の活動も生まれる可能性は大いにある。

ただし、まだまだ市民が管理運営をするには組織や人材の蓄積やネットワークなどが未成熟だ。そのための行政の支援が今求められる。指定管理者の事務的なしくみだけが動いていくことに歯がゆい思いを持っている市民も多いはず。
この指定管理者制度を生きた制度にするために行政サイドの創造力が問われている事も忘れてはいけない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
かわら版 3.まちづくりインフォメーション 
キャンドルナイト2005 スタッフ募集
「電気を消してスローな夜を」の100万人のキャンドルナイト。今年の夏至の日も、今年も倉敷でみんなで楽しい企画をやりませんか?今年のキャンドルナイトは6月21日火曜日。岡山城などの消灯はその前の日曜日19日です。2月の世話人会で今年はさらに盛り上げようといろいろなアイデアが出ました。「夏至にまつわるものがたり」を広く募ってみよう。「この日は早く帰ろう」「一番短い夜をゆったり心ゆくすごし方を」と呼びかけてみよう。高梁川の河川敷でキャンドルナイト(河川使用許可、消防署許可などが要る?)。その際は環境に配慮して人が集まる場合は公共交通機関や徒歩、自転車を原則にしたほうがいい。イベントの趣旨などの広報、参加者の呼びかけやアイデアの募集、協賛金の募集等広くしています。一緒になにか地球にやさしい、誰もが参加できるわくわくするイベントつくってみませんか?多くの方や団体とのコラボレーションもぜひ実現したいです。子供達や学生さんもご一緒に。興味関心のある方の連絡お待ちしています。
2005/03/22
(火) 14:34:09 | URL | 片山みか #-[ 編集]
4月の予定
●「まちづくり条例」ってなあに?
 毎月第1月曜日 定期開催しています
 4月4日(月)19:00~
 場所  スタジオUNO (予定)
 (倉敷駅前 カモイモータープールの向)

●倉敷まちづくりネットワーク
 世話人会
 4月5日(火)19:00~
 場所  スタジオUNO 
 キャンドルナイトも議題になります
 興味関心のある方はご参加下さい

●くらしき市民防災会議
 防災に関心のある方はどなたでも
 参加お待ちしています。
 4月6日(水)18:00~
 場所 くらしき健康福祉プラザ3階
2005/03/22
(火) 14:30:03 | URL | 片山みか #-[ 編集]
かわら版丸亀報告
長文ですが文書転載します。
1.丸亀市自治条例を考える会交流報告
 2月の例会は、ネットワークの有志メンバー3人と、倉敷市の市民活動推進課の職員の方と一緒に「丸亀市自治条例を考える会」に直接話を聞きに行った成果の報告が中心の会になりました。ネットワークからの参加者は全て自費での視察です。事前にHPなどで情報収拾をして電話で先方と連絡を取り合い、質問を出したうえでの交流でした。最初の数分は固い雰囲気でスタートしたそうですが、すぐうち解けた雰囲気での会合になったそうです。自治体の規模も違うことも起因してか、市役所の雰囲気や職員の方の対応がとてもアットホームで、市民と行政の垣根が低い印象を受けたという感想が印象に残りました。
 今の政治の流れを見ても行財政改革、三位一体改革、地方分権を推進させるためには、市民と行政の協働は今後の自治体運営において、最重要課題の1つであることはまちがいありません。市民と行政がそのことをきっちりと確認するためのステップとしても、他都市でのまちづくり条例や、住民自治条例制定の流れを学ぶことは不可欠だと再認識しました。
 丸亀市で市民と行政が白紙の段階から共同作業していった経緯を具体的な成功談や失敗談などを交えて詳しく聞くことができました。またその流れはホームページ上で細かく議事録が公開されていて誰でもわかります。丸亀では話し合いの記録がメンバーにとっても広報する上でも重要だと、ここにお金と労力をかけホームページで公開しています。
 1年半の間に公募市民15名と市の担当職員が約2時間の会議を27回開催しました。「小・中学校での2学期制がどういった経緯で決まっていったか」を情報公開とどこの組織が担当し、責任の所在はどこにあっるのか?といった観点で事例を具体的に検証する作業を何パターンか繰り返している部分は注目に値します。そして昨年3月「まちづくり10の基本原則」を制定して市に答申しています。また同時に市民フォーラム『丸亀のまちづくりを皆で考えよう』も開催しています。
 現在は、丸亀市でも市町村合併の関係で、自治基本条例制定に向けての動きは休止状態だそうですが、合併が一段落した平成17年度の4月から再び取組を進める方向だということでした。今後もこうした情報収拾をしながら倉敷に適した仕組みや市民が心から納得できるまちづくりにつながる活動の参考にしたいと思っています。
2005/03/22
(火) 14:27:43 | URL | 片山みか #-[ 編集]
指定管理者制度学習会報告

当日の大まかな内容を私の視点でまとめたものです。参考までに送信します。

地方自治にかかわる法律が改正され、
公園、公民館、プールや体育館、図書館など、
公の施設の運営形態が変わります。

従来は市や県など行政組織の直営か、
社団法人などの外郭団体などで独占していたものを規制緩和して、
民間企業やNPOが
公の施設の指定管理者として委託管理することが可能となりました。

その背景には行政の厳しい財政事情があるわけですが、
そうした公の施設ごとに、直営か指定管理者制度を適用するかといった
選定作業を行い、また同時に
どういった運営基準でどんな指定管理者を選ぶか
といった作業を平成18年の9月までに行うこととなっています。 

この制度の導入目的や背景について
実際の今後の流れについてや、どんな施設が対象になっているか
実際にどんな手続きが想定されるか、どんなメリットがあるか、など
分厚い資料をいただき、細かく説明して頂きました。

また質疑応答にも率直に答えて頂き、
予定の2時間があっという間に経過しました。

そうして、いまの流れの中で、改めて市民の皆さんから、
利用者としてや様々な立場での声を
しっかりと提出していただき、
市民の意見で、利用しやすい、施設になるような、
意見募集を3月25日まで行財政改革推進室でしています。

しかしながら、あまり意見が集まっていません。
ぜひ積極的にご意見下さい。ともありました。

この、指定管理者制度導入に伴う
さまざまな取組もですが、
どこがどう管理するかということももちろん大切ですが、
それと同時に市民と行政が、公の施設1つ1つの存在意義を確認し、
実際、現在のあり方がその目的にかなっているかどうかといった視点で
情報交換するなかで、
それぞれの施設にふさわしい運営方法やルールを定めていくことが
大切ではないかと考えます。

まだやり方に改善の余地はあるかとは思いますが、
こうして、行政と市民が一緒に学習したり、協議する機会や場を設け、
対話していくことが協働のまちづくりへの第一歩ではないかと思います。

それにしても、
この指定管理者制度、まだ、具体的に動いている施設は少なく
また、一般市民にはほとんど浸透していないと思います。
その背景や導入目的の認識についても
行政職員や外郭団体職員、公の選定対象施設を頻繁に利用する市民
にさえもあまり浸透していないように感じます。

学習会の場でも、この、「指定管理者制度という名称が敷居を高くしている、
なんとかならないか?」といった声もありました。

また、「行政サイドも、単にコスト削減や事務手続きの体裁づくりばかりを重視せず、
NPOや地元市民活動団体、地域コミュニティの活性化などのきっかけ
に指定管理者制度がならないかといった視点を持って、
市民サイドにたった対応をしてくれないか」
といった厳しい指摘をする参加者もありましたが、
限られた時間と人材で、市としてもとてもそこまではとても対応しきれない
のが実状だといった率直な答弁でした。

それから、行財政改革推進室の方は、
希望があれば、5人以上の受講者が集まれば
どこにでも、出前講座で講義に行きます。

「行革」など他のテーマでも講義出来ますから、
どんどん市民の皆さん積極的に市の職員を利用して下さい。
ともありました。


2005/03/19
(土) 16:22:41 | URL | 片山みか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。