倉敷まちづくりネットワーク♪まちネタ♪
♪まちネタ♪=倉敷での「まちづくり」「市民の活動」などのニュース をお届けします。よろしくね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
総会開催&ワイワイまち育て‐番外編
6月3日 市民会館展示室にて
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント

●平成17年6月3日(金)
19:00~20:00過ぎまで
於:倉敷市民会館1F展示室


議事次第に沿って、以下のような内容でした
******************************

0.司会進行:中村功芳さんの司会により始まりました
(書記を片山美可さんと中村開、受付と会費徴収を小西さんと原田さん)

・・・・・・・・・・・・・・・
1.開会挨拶
:中村泰典世話人代表
・昨年10月就任以来、様々な活動に取り組んできた
・今年は会員増を含め積極的に活動を継続したい
と(ちょっとショッキングな事があったにも拘わらず?)力強い方針が述べられました

・・・・・・・・・・・・・・
2.議長選出
・中村泰典世話人代表を議長に

・・・・・・・・・・・・・・
3.議題(配付資料を参照)
(1)2004年度事業報告(活動報告)配付資料により
Ⅰ運営:4項目、
Ⅱ事業・活動:7項目 の説明

(2)会計報告
・会計より収支報告


(3)監査報告
・監査より監査報告
※会計報告並びに監査報告が全会一致で承認されました


※ここで総会成立の確認:出席者20数名+委任届6名。総会成立要件の規定がないため、当然のように成立していることとして議事継続


(4)会員組織及び議決について
a.世話人および世話人代表の改選
・今年度の世話人は16名となりました
・事務方は、次回世話人会で検討することに(FAX会員への連絡役も含めて)

b.会員の区分
・正会員(メンバー)と賛助会員(サポーター)に区分。賛助会員は総会での議決権なし
・会費は正会員1000円、賛助会員一口1000円
・全会員に対して、正会員か賛助会員かの意思確認をすることになりました
・団体会員に対しても個別に、世話人への就任並びに会員区分の意思確認をする(団体会員はその団体内への情報伝達を目的としたものでしたので、これも再確認する)
・暫定的に進め、支障があれば世話人会で検討することに

c.世話人会での意志決定
・委任を含め2/3の参加があり、かつ半数以上の賛同があった場合に成立
・異見があり、成立しない場合は、継続審議または部会を設立して協議する

※以上、a、b、cについて異議なく全会一致で承認されました


(5)2005年度事業(活動)計画
・Aイベント行事、B定例部会・勉強会、C団体委嘱・参加、Dその他 の予定を説明
・市長と本音でトークの話題となった『まちづくり条例』について、市民活動推進課に、その後の動きを確認したところ「市民活動推進課を中心に進める予定だが、市で先にレールを敷くことはしない」とのこと
※本年度の活動計画について全会一致で承認されました


(6)2005年度予算
・ワイワイまち育てに、各回1000円。4回開催予定で計40000円
・HP運営経費を10000円/年間としていたが、足りないのではとの意見があり、世話人会で協議することに
※全会一致で承認されました


(7)その他
a.事務局機能
・FAX会員への連絡などを含め、事務局機能を明確にした上で、役割分担する

b.キャンドルナイト
・キャンドルナイトへの準備にとりかかる(チラシ作成、会場設営などの担当分担など)
・キャンドルナイトで演奏が予定されていた吉備楽が急遽キャンセルとなりました(中村代表、このことで「代表挨拶」も考えられない程、落ち込んでいた・・・)

c.部会
・部会が新たに設立された場合、部会の幹事責任者は自動的に世話人となること

・・・・・・・・・・・・・・
4.閉会
・滞りなく議事の進行が諮られ、閉会の辞が述べられました


以上です
2005/06/30
(木) 23:41:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ワイワイまち育て番外編
◇2005.06.03(金)20:00過ぎ~ 於:市民会館1F
◇講師:塚田忠則さん
:広島市中区役所の建設関係に所属の方です
(名刺には「広島路上観察倶楽部二代目会長」とありました)
◇お供の人:杉浦快さん
:広島市立大一年生!(塚田さんは僕の「奴○」と言ってました)

※当日、塚田さんから、10の資料(リーフレット、パンフなど)を配付いただき、資料の説明と共に話が進みました
(回覧の雑誌が2種類?数冊)

1.『まち探検手帳』
・各自が頂いた資料を加工して「手帳」に仕上げる作業となり、なかなか出来なくて四苦八苦する人、意固地になってる人など・・・いきなりガヤガヤという雰囲気に
・手帳には、まち探検の7つ道具が紹介されていて、7つ目の「遊び心」が大事と言われ、ふむふむと納得
・東大の藤森先生の指導を契機に、公民館を中心とした路上観察会が始まったそうです

2.『広島ニハマルマップ』(広島に・はまるマップ のことです)
・広島市内の面白いモノ、変わった店を、個人的な趣味嗜好?で紹介した地図
(マンホールメーカーが作った「うんちあめ」などやや変態チックなモノもありますが、見た目も楽しい地図です)
・NPO法人が定価100円で販売したそうですが、あまり売ず…?

3.『タノシビト』(雑誌:回覧資料でした)
・広島の色々な人やモノを紹介した雑誌(編集:ギミック)
・タノシビトフェスティバルというイベントがあり、(ヤキソバなどを売って)ここで1年間の活動資金を作る団体があるとのこと

4.『水の都ひろしま』
・広島市の川における様々な施策や事業を、視覚的に分かりやすく解説したもの
・中国地域づくり交流会が中心となって作成(塚田さんも作成に携わられたそうです)
・大好評で増刷したとか

5.『リバーウォークマップ』
・広島市中区役所が、区内の川や水路などを、親しみのある絵で紹介したモノ
・川の今昔、見えない川など、路上観察には好適な材料がズッシリ
・データ更新しながら、発行を続けているそうです

6.『中区・私のお気に入り空間20選』
・市民が選んだ風景や光景を写真や絵と共に、活用のアイデアを紹介したもの(写真や絵も公募?)
・選定された場が活かされ、イベント化されているものもあるとか

7.『のってよ!かべせん』(廃線となった可部線のこと)(編集:クリハラデザイン)
・可部線沿線の車窓風景「百景」をイラストでつづったもの
・洒落っ気があったり、創造性豊かな表現で、実際に見てみたい、ひたすら楽しいモノです
・コンセプトは、さり気ない何気ないモノを観光資源に だそうです

8.『アートギャラリーG』
・公開空地に生まれたアートギャラリー
・常に質の高い展示。県美術館からの流れでの入場が多いとか


9.『広島市における市民主体のまちづくり』ー最近10年間の動きー
※ここから本題の 広島市でのまちづくり の話へ

以下割愛
2005/06/30
(木) 23:29:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。