倉敷まちづくりネットワーク♪まちネタ♪
♪まちネタ♪=倉敷での「まちづくり」「市民の活動」などのニュース をお届けします。よろしくね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『倉敷市第五次総合計画』勉強会
●テーマ:『五次総って、何なん?』
●講師:岡山商科大学商学部 岡本輝代志教授

●日時:8月5日(金)19:00~21:00
(受付は18:30~)
●場所:倉敷健康福祉プラザ「視聴覚室」

●構成:(講義)1時間程度+(意見交換)30~40分程度
●受講料:ワンコイン500円

今、倉敷市が向かうべき方向や方針を定める骨格となる計画が審議されています。内容は、概念的な表現や考え方が多く、直接的に関わりのないモノに受け止められがちです。
ところが、これから倉敷市が行う様々な施策や事業は、これに則って行われるとなると、市民にとって捨て置けない重要なものといえるようです。

誤解を恐れずにいうと・・・
「各論になった時に(何か自分に差し迫った事が起きて)はじめて、問題に気づく」であるとか、
他に例えると、
「市の歳出や歳入の実態(金額や内訳)も知らずに、新しい公共建築を見て、無駄な公共投資したとかを論議する」であるとか・・・
そういった事がありませんか?

そうなる前に、自分たち一人ひとりがしっかりと審議の過程や内容を見て、考えていくことがとても大切が気がします

6月のワイワイまち育てで、広島市の塚田さんが
市民との協働に取り組み始めたときに感じたことの一つに
市民はあまりにも行政が考えていることを知らなさすぎる
と言われていました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。