倉敷まちづくりネットワーク♪まちネタ♪
♪まちネタ♪=倉敷での「まちづくり」「市民の活動」などのニュース をお届けします。よろしくね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
総合計画審議会 経営部会の報告です
12月20日(火)15:00~ 厚生棟2階207会議室
まずは資料の説明がありました
(経営部会の資料は審議委員には昨日配られたそうです)

資料1
:取組項目の重点化について(A3、3ページとA4、一枚)
(内容:めざす市役所像・大分類・取組項目・必要性・経済性・実現可能性・合計・優先度)
各取組項目について3つの視点(必要性・経済性・実現可能性)で点数化し重点項目の優先度をつけた

資料2
施策分析シートと実施計画シート(案)
(A3、裏表12ページ)
(内容:A3を横ながに使い左のA4部分を21の大分類、右を実施計画シートに分けプロジェクトの事業と取り組み概要、スケジュール、効果を記載)

資料3
市民の皆さん、審議会委員から寄せられたご意見
(A4、7枚裏表、178項目が各部会に分けられている)

1 取組項目の重点化について
前回から変わったこととして
*(説明) 5点評価を10点評価に変更
* 大分類の重点化を再度、小分類で点数化して評価の後優先順位ABCに分けた
●(質問) 経済性と必要性の整合はつくか?
●経済性と必要性のウエイトが同じなのは疑問、必要性が高いものが経済性がが悪くなり評価が低くなって、重点項目の優先順位が低くなっている
●現状での経済性から評価しているが、実施の段階で役割分担で経済性の効率を上げられるのでは
⇒(回答)宿題として持ち帰り

2.施策分析シートと実施計画シート(案)について

* 前回は箇条書きであったものを大分類(めざす状態と現状と課題)と実施計画シートに分けられより具体的になった
* 重点項目の説明
●市民ニーズの汲み取り(アンケート手法や仕組みづくり)は十分か
●実行の体制を組んで欲しい、実行はスピードを持って
⇒宿題
●協働のルール作りの検討期間が長いのでは
⇒じっくり取り組む
●NPO支援の言及がない
⇒協働による行政支援をする

3.市民、審議会委員から寄せられた意見について
*次回経営部会で討議するので審議会委員、行政ともに宿題
●実施計画については所管部署の細かい明記が必要
●実施計画を確実の進めるために、短期での評価、見直しを確実に実行するように
その他:総合計画の冊子は大分類と実施計画を別冊で作成

・・・・以上です
計画がよりよいものとして実行されることを期待していますが
基本的な自治体運営の基本ルールがないので実施の具体的な制度や原則があいまいになり、各部局の力量で成果が変わってくるのではと懸念されます。

*市民ニーズの汲み取り(アンケート手法や仕組みづくり)は十分か
*実行の体制を組んで欲しい、実行はスピードを持って
などという質問がでる審議会を傍聴すると

改めて自治体運営の基本ルールが必要であることを確信した

市民協働の指針の策定・市民協働のルール作り、パブリックコメントの制度化が重点項目になってます

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。